201611.30

呼吸がすべて

Post by Tomoko

こんにちは!ゲスト・ティーチャーの川原朋子です。

先週、東京で11月に雪が降るのは54年ぶりという日に、無事バリから日本に戻りました。その気温差はおよそ30℃。わたしにとっては、秋を飛び越え、いきなり冬に突入してしまったようなもの。冬の服装はしていても、まだどこか「今ここ」に馴染みきれていないような感覚があります。

環境や、気温の変化といった大きなものだけでなく、人は気づかないような小さなことにも、ストレスを感じてしまう生きものです。どんなことであれ、自分の心や身体の健やかさを脅かすようなものを「敵=ストレス」と判断し、自らを守ろうとする機能をわたしたちは持っています。それが「闘争逃避反応」と呼ばれるもの。文字通り、敵に闘いを挑んでやっつけるか、その敵から逃げて、安全な状態を取り戻そうとする自己防衛本能のことです。そのモードに入っているとき、わたしたちの自律神経は、交感神経が刺激され、呼吸は早く浅くなり、いつでも闘える、あるいは逃げることができるように、血液が主に腕や脚に流れるようになります。

それが、一過性であれば問題ありませんが、慢性的なストレスにさらされ、常時交感神経が優位になっていると、呼吸や血液が十分に巡らないことの弊害が出て、心や身体の不調を招くことになりかねません。あらゆる病気の原因の9割はストレスであると言われる根拠は、そこにあるのです。

もといた場所に戻ってきたとは言え、わたしも目下、帰国後のストレスの影響を多分に受けています。プライベートでの大きな変化もあり、それは幸せな展開でもあるのですが、色々な可能性がある分、先が見えない不安も抱えています。交感神経が働いているとき、わたしたちは左脳が優先になり、何とか答えを出そうと考えをめぐらせてしまうものです。向き合っている問題が大きく、そう簡単に答えが出ないときは、残念ながらそれがまた、新たなストレスを生む原因になってしまいます。

論理的に物事を考えることは、生きて行く上でもちろん大切ですが、あまりに頭を悩ませ、それが自分の心身に負荷をかけてしまうのはよくありません。「考えないようにしよう」「もう考えないようにしよう」と思っても、そう簡単に頭を切り替えられる人ばかりでもないでしょう。わたしもどちらかというとそういうタイプで、まさにこの数日間がそうだったのですが、悩むことに疲れてしまい、少しでも考えないでいられる状況に自分を入れてあげようと思い直しました。

それはただ、呼吸を深めること。まずは思い切りため息をつくだけでもいいのです。呼吸と神経系は密接につながっていて、呼吸がゆったり深くなると、わたしたちに弛緩(リラクゼーション)反応をもたらしてくれる副交感神経が、自ずと優位になります。副交感神経が働いているときは、右脳が優先になり、脳は考えるというモードから「感じる」モードに切り替わります。大きなため息をつくと、一瞬でも心が軽くなるというのは、気のせいではありません。それは、色々なことを考えすぎて凝り固まった頭を、お休みさせてあげることにもなるのです。

わたしたちの身体がもともと持っているこのメカニズムを利用し、心身共に深いリラックスを堪能するのがリストラティブ・ヨガ。そして、ポーズをするために呼吸をするのではなく、呼吸をするためにポーズをとるのがハート・オブ・ヨガ。リストラティブ・ヨガは『究極のリラクゼーション』、ハート・オブ・ヨガは『動くプラーナヤマ(呼吸法)』とも呼ばれています。

リストラティブ・ヨガは、今日(11/30)から12/21まで、毎週水曜日19:15〜20:45。ハート・オブ・ヨガは、12/3から12/17まで、毎週土曜日16:45-18:15にクラスがあります。ヨガがまったく初めての方でも問題ありません。お時間とお気持ちの合う方は、是非お越しください。呼吸をすることの心地良さと大切さを、ご一緒に味わえることを楽しみにお待ちしています。

Love,
tOMoko ♡

just_breathe

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone