妊活サポートヨガ

妊活サポートヨガ

妊活サポートヨガ カウンセリング+

いつかは赤ちゃん欲しいなぁの方から不妊治療中の方、妊活の辞め時に悩んでいる方まで
すべての赤ちゃんを望む方のための妊活サポートヨガクラス。
本来の自分らしさを取り戻す、妊活中のかたのための特別レッスン。
過去に妊活経験を持ち、カウンセリング資格も持つ専門のヨガ講師があなたに寄り添います。

妊娠する力は既にご自分の中にあります。
その可能性を信じ、心と体のバランスを整えながら赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

心をゆるめ、体のめぐりを良くして、妊娠へのプロセスが順調に運ぶよう、ヨガで妊活をサポートします。
ご自身が元々持っている妊娠する力を信じましょう。
ヨガのあとはご参加の皆さん同士お話しをする時間もあります。気持ちを口に出したり、他の人の話を聞いてひとりじゃないんだと感じて癒されたり、自分らしい妊活を進めるためのクラスです。
※運動量は少なめでヨガが初めての方でも安心して受けていただけます。 ※不妊治療の有無は問いません。

レッスン内容:90分/月1回土曜日 15:30~17:00

料金:1回/3,000円(または月謝チケット2回)


あなたの身体を信じて【どんなヨガ?】

以下の妊娠へのプロセスが順調に運ぶようヨガでサポートします。

① 妊娠に必要なホルモンを出す

ホルモンの出発地点は脳です。
ストレスが多いと、妊娠に必要なホルモンが出にくい状態となってしまいます。ストレスを溜めずに手放し、心地良い呼吸ができるように練習します。
◎神経を鎮静化するポーズ、呼吸法、イメージ法 など

② ホルモンが卵巣に届き排卵する

① で出たホルモンの指令をきちんと卵巣に届けるため、腰回りをやわらげます。
また腰は生殖器の神経とつながっているため、ご夫婦ともにケアしたいパーツです。
◎腰、背骨をしなやかに動かすポーズ、気分転換になるようなポーズなど

③ 子宮に受精卵が着床して妊娠成立

血流やリンパを促し、子宮への血流量を改善すると受胎の可能性が高まります。
骨盤の内側はストレスや体のゆがみのせいでうっ血しやすくなりますので、骨盤底筋群を意識する練習などをして骨盤内の巡りを改善してゆきます。
◎骨盤呼吸、子宮を労わるイメージ法、リラクゼーションを促進するポーズ など

※目には見えませんが、ヨガは日課にすることにより違いが感じやすくなります。毎日行える内容を丁寧にお伝えします。


ヨガで身体だけでなく「心」を整える【カウンセリングケア】

妊活中の様々な悩みを一人で抱え込まないで

妊活は時間の経過とともにストレスも増えてゆきます。それが妊娠に悪影響を及ぼすこともあります。心の状態はデリケートな生理機能にも影を与えます。ホルモンは脳から分泌されるため、ストレスを抱えてしまうと生き抜くために必要な、逃げるか戦うかのストレスホルモンが優先され、妊娠するために必要な女性ホルモンは後回しになってしまいます。
仕事面でもプレッシャーやストレスがある中、妊活中には、様々なストレスが次々とおそってきます。親からの孫はまだかのプレッシャー、不妊治療をしていればそれにかかるお金のこと、妊活をいつまで続けるかの悩み、パートナーとのモチベーションの差などなど・・・。
そのストレスをヨガとカウンセリングで手放していきましょう。
妊活にまつわる悩みはプライベートな内容なだけに、なかなか身近な人にも気楽に相談できないかもしれません。ひとりで抱え込むことのないように、同じ妊活をしている人同士でお話しすることは、自分の気づかなかった気持ちに気づけたり、人の話に勇気付けられたりして、気持ちが前向きになることもあります。 もう充分がんばっているご自分を労わる時間にしていただきたいと思います。

不妊ピアカウンセラーが担当します。
※ピア(Peer)とは、仲間・同じ立場という意味です。不妊経験のあるピア・カウンセラーは不妊にまつわる気持ちが理解しやすく、不妊について相手の反応を気にせず話せます。


妊活サポートヨガで「身体」と「心」の両方からのサポートを

講師のまさよ先生からのコメント

「赤ちゃんを強く望むとき、特に治療中は様々な感情が一気に押し寄せてきます。
それだけでも大変な中、パートナーとの意識合わせ、治療費のこと、仕事と治療の両立など、たくさんの問題に取り組まなくてはなりませんし、タイムリミットもあるため先延ばしにもできず、その上プライベートな内容でなかなか相談することもできません。
私はそんなとき感情に蓋をしてしまい、心や体に不調を抱えてしまった苦い経験があります。
その後不妊特有の心理を学ぶことで妊娠と心がどれだけつながっているのか、またストレスを溜めずに手放すことの大切さがわかりました。
何気ないひと言にイラっとしたり、周りの妊娠を喜べない、こういう黒い感情が湧き出たとしても精一杯がんばっている中それは自然な感情ですので、ご自分を責めないように、またひとりで抱え込むことがないようにしてくださいね。
健康な毎日を過ごしながら赤ちゃんを迎える準備ができるよう、リラックスするためのヨガ、かんたんなマインドフルネス、カウンセリングなどでサポートしてゆきます。穏やかで柔らかい 本来の自分に戻れる時間や場所を提供したいと思っています。
一緒にご自分をいたわる妊活に取り組んでみませんか?」

まさよ先生からの妊活&ヨガにまつわるアドバイス

生理周期に合わせたおすすめのヨガ

◎生理初日~生理3日目
できればのんびりした方がいいです。
のんびりすることにストレスを感じてヨガをしたいと思うならリストラティブヨガや瞑想ならOK!

◎生理4日目~排卵前
動いて大丈夫な時期。ベーシックヨガもリラックスヨガ、骨盤ビューティーヨガなど、どのクラスでも大丈夫です。
(アシュタンガヨガ、ホットヨガのような交感神経優位になるヨガはあまりおすすめしません。)

◎排卵後~生理
なるべくゆったり系ヨガがおすすめ。
リストラティブヨガやリラックスヨガ(腰回り緩めるヨガ)、瞑想系

Beyondのリラックス系ヨガでは腰回りをあたためるホットパックがあるので妊活中の方にはオススメですよ。ただし、リラックスヨガでもツイストは避けたほうがよいとのことです。
Beyondでレギュラークラスを受ける際は講師にお声かけください。ツイストをお休みしてもOK!安心してご参加ください。
※妊活セラピストのまさよ先生からの妊娠周期にあわあせたおすすめヨガのチョイスです。より詳細を知りたい方は、まさよ先生の妊活サポートヨガへ一度いらしてください。
お医者さんに聞くほどでもない(お医者さんも忙しそうで聞けない・・)けど気になっている日常生活で気を配れること気になることをいろいろ気軽に相談してください♪


講師プロフィール

妊活セラピスト/わたなべ まさよ

担当クラス

  • 妊活サポートヨガ カウンセリング+

私は過去に約10年の不妊を経験し、今は夫婦ふたりの生活を送っています。
幼い頃から母になることを夢見ていましたので、治療のやめ時は自分の中で葛藤がありました。心と体は ギリギリの状態でしたが、子どものいない幸せなんて想像もできなかったのです。最後の治療に臨む前、体を整えようと週1回通っていたヨガを毎日するようになると、体以上に心が落ち着いてきました。
それから間もなく自然妊娠を2回しましたが、流産・・・
ヨガは心と体にどんな影響を及ぼすのか知りたくなり、ヨガインストラクターの養成講座を受けました。真剣に取り組んでいると、子どものいない自分も悪くないんじゃないかな・・・と思える瞬間が訪れるようになりました。その後は当時の自分のように不妊でつらい思いをしている人をサポートしたいと思い、不妊の心理やカウン セリングを学んで妊活に取り組む人をサポートするようになりました。
今は自分の経験を人の役に立てることに喜びを感じています。そしてこれまでの経験を重ね、分かったことがあります。
それは「妊娠する力」も「人生を立て直す力」もすでに自分の中にある、ということでした。
子どもがいてもいなくても、幸せになる選択肢はきっとあります。
一緒に自分らしい妊活をみつけませんか?

わたなべまさよ
  • NPO法人Fine認定不妊ピア カウンセラー
  • 『不妊治療をサポートするためのヨガ』指導者養成講座修了
  • 一般社団法人法人日本ヨガメディカル協会『不妊治療をサポートするヨガセラピー実践講座』講師担当
  • 全米ヨガアライアンス認定 『ヨガインストラクターRYT200』指導者養成講座修了
  • 『女性のためのムーンサイクルヨガ』 指導者養成講座修了
  • 『骨盤底筋トレーニングヨガ』 指導者養成講座修了

◎まさよ先生の妊活ヨガコラム
https://baby-calendar.jp/knowledge/prepregnancy/1285