201610.16

【ヨガコラム #1】シャヴァーサナの大切さ

Post by Tomoko

数え切れないほどあるヨガのポーズの中で、最も大切で、最も難しいと言われるシャヴァーサナ(savasana)。この最後のリラクゼーションが楽しみで、ヨガのクラスを受けるという方も多いのではないでしょうか。あるいは、静かに身体をマットに預けている時間がどうも苦手…という方もいるかもしれません。

シャヴァーサナは、「屍(しかばね)のポーズ」とも言われ、ヨガのプラクティスにおいて欠かせないものです。どんな種類のヨガであれ、シャヴァーサナより前にしていたポーズの恩恵を、心と身体に染み込ませていくお休みのポーズ。呼吸をし、身体を動かすことでめぐらせてきたエネルギーが、細胞の一つひとつに作用して、内側からバランスを整えていくための大切な時間です。だからこそ、マットの上に身を委ね、受身の体勢で休みます。

心と身体。その双方が安心、安全と感じていないと、仰向けでゆったりと胸を広げ、お腹を緩める姿勢にはなれません。人も動物。お腹を見せるのは、無防備になることだからです。何らかの理由で、仰向けのシャヴァーサナに抵抗があるならば、横向きでも、うつぶせでも、自分が落ち着く体勢を選びます。シャヴァーサナに限らず、ヨガのポーズは人それぞれ。人の数だけ正解があって当たり前です。

自分なりのシャヴァーサナの形が見つかったら、意識的に息を吸い、息を吸うという呼吸のコントロールさえも手放して、自然な呼吸で休みます。それは、何かをするということに対して「何もしない」ことでバランスを取るため。マットの上だけでなく、マットの外の日常生活でも、わたしたちは何かをするということに、多くの時間とエネルギーを割いています。心と身体が本来もともと持っている調和を保つためには、何かをすることと同じくらい、あるいはそれ以上、何もしないことが必要なのです。

シャヴァーサナをしていて、眠ってしまう経験は、恐らく誰にでもあるもの。そのことを恥ずかしく思ったり、ポーズがきちんとできない…と嘆く声もよく聞かれますが、自分を責める必要はありません。たとえシャヴァーサナ中に眠ってしまったとしても、それは心と身体が、自らに必要な休息を得ているということ。バランスを取るために、エネルギーが有り余っているなら発散し、エネルギーが不足しているなら充電する。それが、わたしたちの命が持っている本来の力です。

シャヴァーサナで寝てしまう自分に気づいたら、それだけ心も身体も頑張っているのだと認めてあげて、感謝と労いの気持ちを抱きましょう。そして、ヨガのプラクティスに限らず、日常生活の中でも、シャヴァーサナのような時間を意識的に確保したいものです。たとえ一日5分、10分でも、自分の心と身体を緩め、何もしないことを自らに許すことができますように。それは、他の誰でもない、自分だけが与えてあげられる贈りものだからです。

頑張っている分、頑張らず、何かをしている分、何もせず、人に向き合っている分、自分自身に向き合う時間とエネルギーを、誰もが大切にできますように。

With love,
tOMoko ♡

 

sleeping-baby
 
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone