201603.21

頭立ち(逆転)のコツを掴もう!(プレアドバンス開催)

Post by yoga beyond

今日は頭立ち(シールシャアサナ)のコツを掴むための90分クラスを開催しました! 75分のベーシッククラス中ではなかなか練習ができないポーズですが、90分クラスでしっかり練習しましたよ。 アドバンスクラスと同じように、ピークポーズが練習しやすくなるように、フローポーズをしながらも、随所に頭立ちポーズで 使う筋肉を意識できるような動きを取り入れていきました。 ヨガ的テーマは生命欲・アヴィニヴェーシャ 自分の中にある恐怖心とどう向き合うかでした。

ストラップやブロックを使ったり、準備ポーズをいろいろ行いましたが、写真があるものだけ少しクラス紹介します。

image

まずはこちらが大事。

よく無理にけれ上げようとしてもなかなかできないのは腰(骨盤)が一番重いからです。

頭の上に腰(骨盤)が来ることが大事です。

おしりを壁に付けて反ってしまってから、まっすぐに体制を整えるのは難しいです。

壁は万一の時にささえてくれる用心棒のように思っておきましょう。

最初から支えてもらうつもりで壁ドンしてはいけません。

頭の上に骨盤なのです。

あたりまえのことですが、やろうとすると忘れがちです。

無理にキックして上がろうとするよりも、そーっとつま先立ちになりながら前に歩き、

頭の上に出来るだけ骨盤をもっていきましょう。

バランスが取れるとそ~っと足が離せるのです。

この骨盤の上に曲げた脚を持ってきて、バランスさえとれれば、あとは足を上に伸ばしていくのは簡単です。

 
今度は壁を使って、頭の上に片足を真上に伸ばす練習。
image
image
image
 
この後、初めての方も私の補助も壁もなしで何秒かキープできました。

すでに頭立ちをマスターしている方はハンドスタンドなどの練習を。

私が脚の間に手を挟んでいるのは殴っているわけではありません(笑)

内腿を締め、脚を中心に寄せるように使うことで中心が定まり、安定しやすくなるのです。

image
 
3連休でみなさんお出かけの方が多かったかな。
少人数で出来ました!
 
今回スケジュールが合わなかった方もまたご参加ください。
定期的に開催したいと思います。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone