201907.14

瞑想するとどうなるの?:英語のキッズヨガ

Post by Shinobu.T

こんにちは~

 

毎月第1日曜の16:15~17:20
6、7、9月の英語のキッズヨガを
リカ先生の産休のあいだ担当しております
シノブです。

7月は

“meditation”

をテーマに
クラスを進めていきました。

 

まずは

「瞑想ってなに?」

「退屈じゃないの?」

「何かいいことあるの?」

という素朴な疑問にこたえるべく

コップの水と
マインドフルネスボトルを使った

ディスカッションを。

 
 
 

 

それから
瞑想カードを使って
ディスカッションでお話したことを
実感してもらいました。

 

瞑想のポジションをひとつひとつ確認しながら
瞑想に挑戦していくと…

 

 
 

時計の時間とこころの時間は違うので
体感している長さもこどもそれぞれ。

 

「30秒!」

という子から

「20分!」

という子まで。

 

サイレント・ヴィンヤサは
このあとのパートナーポーズにつながるものを
たくさん盛り込んで。

 

 

パートナーポーズでは
次回のテーマ「平和」につながるよう
おともだちと

仲良くすることや

協力することを

体感できるものにしました。

 

 

お題はこちらで用意しているので
元のポーズはおなじなのですが…

 

 

それぞれのポーズができあがって。

 

 

こどもたちの創造力って
ほんとうにすごいですね。

 

 

ここからこんなポーズになるのかと

驚きとワクワクの連続!

 

 

ポーズが進むにつれて
それぞれのパートナーの個性もでてきて。

 

 
 
「なかよきことはうつくしきかな」
という言葉どおり。
 
 
 
こどもたちが仲良く相談しながら
たくさんのポーズを協力してつくっていくようすは
 
傍にいてうつくしく
ここちのよい時間でした。
 

Fun Timeは
“Treasure Hunting”として
この後のArt Timeで使う材料を
見つけてもらうことにしました。

 

とはいっても
ただのゲームなら
ヨガのクラスでなくてもできるので
ひと工夫。

 

酸素マスクをくわえて海に潜り

宝物を探すという設定。

 

なので

・おしゃべりなし

・動きはゆっくり

・歩くときは手で水をかき分けて

・話したいときは自分のボート(マット)の上に戻ってくる

というルールのなかで
スタートしましたが…

 

みんな

宝探しに夢中で

あっという間に

ルールが抜ける!

 

はい
ここで

「はっ!」

と我に返って

ルールを想いだすこと。

 

これも

マインドフルネスのプラクティス

になります。

 

「はっ!」と我に返って
いまここで自分が何をしているのかに
意識を再度向けること。

 

これは

瞑想で意識が逸れたとき

意識を呼吸に戻すのと

おなじこと

をしているんですね。

 

さてさて
ひとりひとつ
アートの材料をみつけてくれたところで
今回のアート

マインドフルネス・ブレスレット

づくり。

 

 

以前
ホスピスで出逢った患者さんが
マーラーを使っておられて

マーラーの使い方や

呼吸に意識を向けることのメリットなどを

教えてくださったので。

 

こどもたちがマットの外でも

ヨガやマインドフルネスに

ふれられるように。

 

こうした小物をつくって
身につけていたら
いいんじゃないかな?

 

と思って
みんなとつくってみました。

 

 

できあがると
こどもたち

マーラーのように

ビーズをひとつひとつ

指で送ってくれて。

 

呼吸に合わせるのでも
数を数えるのでも
好きなやり方でいいからね。

 

ふと想いだしたときに
このマインドフルネス・ブレスレットを使って
呼吸を数えたり
整えたりしてほしいな。

 

最後のご挨拶も

瞑想カードの復習として

もう一度
瞑想の姿勢をひとつひとつとって

みんなで数息観をして

とてもしずかな空気のなかで終了しました。

 

===============

 

英語のキッズヨガクラスは

・小学生クラス(残席1)

毎月第一日曜日  16:15〜17:25

 

次回は9月1日(日)テーマ:平和

平和を体感してもらうための

ディスカッションとアクティビティを

たっぷり用意していますので

おたのしみに♡