201701.23

【たくさんのHappyもSadもただそこにある日常の一部】英語のキッズヨガ

Post by Shinobu.T

こんにちは。

 
月3回火曜日の英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)
担当のしのぶです。
 
今年もよろしくお願いします。
 
2017年初のクラスのようす。
 
3週あいてのクラスは
園児クラス1人
小学生クラス8人と
とっても対照的なクラスに。
 
 
theme:感情と気持ち
季節のポーズ:忍者の修行
 
ひさしぶりなので
座り方の確認からはじまり
ディスカッション。
 
どんな感情や気持ちがあるのか
表情をつくりながら確認していきます。
 
「今の今の気持ち
どれ?」
 
ときくと…
 
じっくりひとつを選ぶ子
ネガティブな感情ばかり
すべて選ぶ子
笑顔系の感情ばかり
複数選ぶ子…
 
いろいろ。
 
「どの感情が一番いいか
知ってる?」
 
ときくと
 
「Happy
「Joy」
「Calm」
などなど
みんな
笑顔の感情を教えてくれました。
 
 
「そうだよね
笑顔のときが気持ちいいし
笑顔だといいよね」
 
「でも
感情や気持ちには
一番とか二番とか
善いとか悪いとか
優れているとか劣っているとか
全然ないの。
 
すべて
みんなのなかにある感情や気持ち。
 
どれでもいいの。
 
今自分がどんな気持ちなのか
気がつくことが大切
 
これが唯一
伝えたかったこと。
 
みんな
しっかり聞いてくれて
みんな
しっかり自分を感じてくれていました。
 
もう
これさえできていれば100点満点だよ!
 
というわけで
残りの時間は
たのしく体を動かしていきます。
 
たのしく
英語力と考える力を刺激するため
英語の指示のいろいろゲーム。
 
 
わたしは座りながら
こどもたちには”Stand up!”と声をかけたり
左手の上がっている状態で
“Left arm UP”
といってみたり。
 
だんだんみんな
笑顔になってきましたよ。
 
こんな形で
ちょこちょこ
 
英語力
考える力
ワーキングメモリー
 
を刺激する動きだったり
 
跳び箱
縄跳び
といった
体育でとりあげられる活動の
 
基礎となる動きをつくるものだったりを
とりこんでいます。
 
 
1人の園児さんは
太陽礼拝→月礼拝。
 
8人の小学生さんは太陽礼拝を
なぎさ先生チームと
わたしチームに分かれて
いろいろなバリエーションやスピード感で。
 
 
こういうことができるのも
講師がふたりいるからこそ。
 
季節のポーズは忍者の修行。
 
今回は
呼吸も含め9つの術を授けました(笑)
 
 
すいとんの術に
変わり身の術…
 
 
その術を使って
お城に忍び込みます。
 
 
1回ごとに違う術を使ってもらったり
お城を守る
お殿様役をしてもらったり
繰り返し繰り返し
刺激と定着をさせていきながらも
飽きないように。
 
 
8人で攻めいってくる姿は
圧巻です(笑)
 
 
このお城の門
こんなゲームをやりますよ
とその場でお伝えしたのに
なぎさ先生が
ブロックをつくって
即席でつくってくださいました。
 
こういう閃きとまめまめしさは
わたしにはない要素。
 
こういうところも
講師2人でお伝えできる
いいところ。
 
園児さんからは
リクエストで宝探しも。
 
 
今回は
宝を隠さずに(笑)
 
床に置いただけだったのですが
案外みつけられないものです(笑)
 
絵本は
“Baby Happy and Baby Sad”
 
1日のなかの
「かなしい」と「うれしい」が
たくさん描かれている絵本。
 
 
あれもこれも
全部
みんなの1日のなかにある
「Happy」や「Sad」。
 
はじめに伝えたように
どれが良いとか悪いとかではなくて
すべてただ
そこにある。
 
シャバーサナ中は
絵本と交えて
そんなお話をしていきました。
 
とても良い雰囲気で
シャバーサナがとれたので
起きあがってから
目を閉じて
鼻呼吸を10数える
シンプルな瞑想も。
 
そして
どんな感じがするのかな?
 
自分を感じてもらいました。
 
来週もひきつづき
感情や気持ち
そして忍者の修行も続けていきます。
 
忍者の心得も
お伝えしようかな♪
 
心も体も強くする
自分やまわりの人たちを思いやる心が育つ
自分の課題を乗り越えていくことができる
そんな
英語のキッズヨガクラス
気になっているという方は
こちらをどうぞ。
 
園児クラス
火15:00-15:50
 
小学生クラス
火16:00-16:50
25296617963_718e1a9e72_k
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone