201602.25

親子ひこうきヨガの魅力♫

Post by Nagisa

いよいよ今週の日曜日、けんじ先生の親子ひこうきヨガ、開催です!!!

ひこうきヨガってなに?
って思いますよね。
よくある親子でやるひこうきのポーズやるんでしょ?
子どもももう重いし、大変なんじゃないかな。。。

と、いう声を頂き、親子ひこうきヨガの魅力を説明させて頂きます!!

まず、こちらの親子ひこうきヨガの、先生である林けんじ先生は
アクロヨガのスペシャリストで、アクロヨガジャパンの立ち上げの方なんです。
アクロヨガって何?っていうと
アクロバットなヨガなんです。
ペアで行う、アクロバットなヨガポーズたち。

たとえばこんな。

11061767_394995857351379_8631695339213208719_n

す、すごいですよね。
え、出来ない。。。
と、思ったあなた!

それはそうですよね。

でも、こういったペアのワークのスペシャリストのけんじ先生が、
このアクロヨガの要素と、タイヨガマッサージのペアワーク
を取り入れて、親子のコミュニケーションを大切にした親子ペアヨガ
が「親子ひこうきヨガ」なんです!

 

身体の使い方がわかってコツをつかめば、子どもが重くて出来ないとかないんですよ。
ほら、女性でもけんじ先生を軽々持ち上げています。

S_3943201128176

こういったペアワークで、身体の使い方(体幹)、バランス力、恐怖心の克服、出来た時の達成感、努力する姿勢が身に付くのがとてもお子様にもよいのではないでしょうか。
そして、一番大切なのが、相手との信頼関係です。信頼して身をゆだねるということ、コミュニケーションをとること、それがペアワークでは大切になってきます。

S_3943200263220

コミュニケーションをとって、信頼して、自信もつく、楽しみながら絆を深める親子のペアヨガなんです。パパも一緒にぜひ参加してほしいです。

image

私は仕事柄、よく息子を連れて親子ヨガクラスがあれば積極的に受講してきました。
たくさん親子ヨガを受けてきましたが、この林けんじ先生の親子ひこうきヨガがピカイチでした。

まずいきなりアクロヨガ要素(ひこうき)はやらないですよ、ご安心ください。
そのアクロヨガ的メインパートに向けての構成が素晴らしかった!
ウォーミングアップもヨガポーズをうまく使い、歌を頼りに目を閉じてついていくというような一見ゲーム感覚のものも、
感覚を研ぎ澄まし、相手を信頼するというのちペアワークをするための伏線です。
そしてどれもが息子はニコニコして本当に楽しそうでした。

(ただ、先生によるとその私たちが受けた日はとてもよい流れだったということで、子どもクラスは参加者にもよりますから毎回そううまくはいかないかもですが・・・。ぜひ何度か受けて頂きたいです。)

よくキッズヨガにあるのは、物語のストーリー仕立てになっているもの。
私が園児向けのクラスを作るときにも使います。
例えば今日はジャングルにお出かけしよう!というストーリーのもと、乗り物にちなんだ身体遊びや、動物のまねっこヨガなどをしていくのです。
子どもたちの気をひくことはできて、とても楽しそうにストーリーの中に入ってくれます。

でも時に、お遊戯やお芝居のようになってしまって、これはヨガだろかと疑問に思うことがありました。

私は普段3才以下の子どもたちと親子ヨガをしていて、小さい子でも出来るように曲や小道具をつかって楽しい身体遊びを「ヨガ」としているのもあり、はたしてヨガをアレンジしすぎではないかと思うこともありました。でも子どもが楽しくヨガをしてくれるからまねっこもストーリー仕立ても歌やダンスも必要だとは思っています。
でも親子クラスの場合、親はそこまで楽しくないですよね。子どもの遊びにつきあっているというような。
(私のキッズ&ママヨガは、3才以下だしママだけヨガが出来るパートもあるからバランスとれているのだとおもいます。)

けんじ先生のクラスはそのあたりが違いました。よくあるストーリーではないけれどもヨガの要素がいっぱで親子で楽しい!

キッズ&ママヨガクラスの卒業生が、歌や体操のお楽しみの身体遊びを卒業して、「ヨガ」がもっと体操とは違って大人のヨガに近づきつつ楽しいものを探していました。それがこの親子ひこうきヨガ(林けんじ先生)と、また別記事で紹介しますが、春からはじまるEnglish Kids Yoga(寺崎しのぶ先生)なんです。
ずっと続けられるヨガ、いつか心の支えになることもあるかもしれないからずっとみんなの身近にあってほしいヨガ、ベビーから通ってくれた子たちにはとくに、すこしお姉さんお兄さん向きのこの新しいクラスにぜひ出て欲しいのです!!!

ヨガBeyond主宰の田内が超絶おススメするスペシャルな親子クラスです!!!
ぜひお試しください!

image
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone