201407.08

台風と旅行と私のココロ

Post by yoga beyond

台風8号が沖縄を直撃ですね。

実は今日から沖縄(石垣島)に旅行のはずでした^^;
まぁ、天気のことですから仕方ないですね。
しかし、旦那さん新婚旅行以来のなかなかとれない4連休(去年の石垣島は3日でいきました)、そして旅行代金も平日といえど、奮発した金額。先週から予報を見ては、台風それないかな、進路どうなったかな、と意気消沈。

なんだか気にかかっていることがあると心がモワンとしますよね。
昨日のクラスでもテーマにしましたが、ヨガ的には、意識が「今」に向いていない状態。
旅行が雨だと楽しめないだろうというのは「過去」の経験から、「未来」にあてはめて、心を不安にさせてしまうこと。
意識を「今」に向けることが「ヨガ」です。普段、過去と未来ばかりに意識が向きがち。

嫌だなと思っていた雨も、ヨガをして帰る頃には気にならないことがよくあります。

雨は変わらない。
変わったのは「自分」です。ヨガをしてスッキリしたりリラックス出来ると心にゆとりがうまれて心のもやもやがとれるのです。

しかし、修業のたりない私は、今回はヨガをしてもなにしても台風の進路が気にかかっていました^^;気象庁の予報でダメならと、米軍の予報をみてみたり、進路変更の念力を送ってみたり?諦めの悪い私です。
いや、ダメならダメでよいんですが、ギリギリ飛行機が飛べてしまって、現地で台風を迎えて、海に入れず帰る・・というのは避けたい!との思いが強く。
飛行機が飛ばなければ旅行代金が全額戻るのですが、飛ぶなら自腹でキャンセルか悪

天候の現地かなので。今回は全額戻るということで、ほっ。やっと意識が「今」に向きました。

 
日頃、なにかとヨガの教えであぁこれが当てはまるなとか考えるのがくせというか職業病なのですが、思いつかなかった教えを、私のヨガの師・久美子さんのブログからいいタイミングで教えてもらいました。
『計画どおりにまったくいかなかった一日。
でも思い出すと実は楽しい。今では笑い話。
江ノ島の白魚は食べられなかったけれど、日本のいろいろな素晴らしさを経験。
イシュバラプラニダーナを思い出す。見えない力に降伏をすること。一生懸命、目的をもって計画をしても最終的には自分ですべてをコントロールできず、必ず何かのハプニングがある。でもそのハプニングを受け入れると、人生楽しい!』

久美子先生のブログより引用
 
イシュバラプラニダーナは、神への献身という意味があります。

よくアビヤサ・一生懸命頑張ると一緒に出てきますね。アビヤサをして、あとはもうイシュバラプラニダーナ・結果を受け入れましょう(みえない大きなものに委ねましょう)という教えです。
そういえばワールドカップを日本代表が敗退したついこないだ、これをテーマにクラスをしたな・・^^;師のことばは心に響きます。

 
と、いうことで今日から那須にいってきますよ!沖縄や九州は大丈夫かな。被害が最小限ですみますように。