201306.30

3歳でもシュノーケルが楽しめた!

Post by yoga beyond
3歳の息子がいるし、プールで遊んで海辺で砂遊びで終わりだろうと思っていました。しかし、シュノーケルが楽しめましたよ!最高でした!
たまたまツアーについていたクーポンがあり、ホテルのシュノーケルツアーなどに使えるというので調べていたら、小さい子には箱メガネというものがあるとか。しかし、ホテルのツアーでは大人のためのものだけど、まぁ3歳でもできるでしょうという程度の案内でした。子供向きのところはないかと探していてたまたまみつけたのがオリオンさんです。
とってもよかったんです!
 
まず、海にどんなお魚がいるかのお話。
 
息子は魚の図鑑が大好きで、入園にプレゼントされた図鑑を最近毎日眺めていたんです。だからまずこのお話がよかった!どういう魚がいるか子供が面白がりそうなクイズを交えて説明してくれます。「オジサン」という名前の魚が大ウケ。先生は「おじさん」じゃあ魚のことかわかんなくなっちゃうから「キャプテン」って呼んでねと。
 
そしてお着替え。靴もスーツも小さいサイズがありました。これが箱メガネです。
 
 
なんとキャプテンが魚がみえるところまで背中に乗せてくれました。まるで浦島太郎。
 
 
覗いてみました。
 
中はこんなかんじでお魚たくさん!
私の写真が下手ですが、小さいお魚がたくさんいますよ。
 
顔をあげたらにっこにこ!!
 
これはなまこ。刺激を与えるとそうめんみたいなのが出てきて驚かせて身を守るそう。知らなかった。息子はビビる。
 
会いたかったニモもバッチリ!イソギンチャクから出たり入ったり。かっわいい~!
 
 
 
 
はい、シーサー!ですって。
 
いや、ほんとにここのツアーでよかった!写真を撮りたい私にはカメラレンタルもありがたかったです。写真も子供や魚のいいショットが撮れるようにアドバイスまでしてくれました。例えばニモがあそこにいるから、砂埃が立たないうちに写真をたくさん撮るとか。カメラのぞくより手を伸ばして近付けて撮るといいとか。おかげで思い出もバッチリです。
 
実はおなじビーチで午前中に三人で遊びに来ていたのです。シュノーケルが有名なビーチだそうで、シュノーケルとマスクだけつけてちょこっと入ってみていたんです。スーツも足ひれもなく、満潮時で水位も波も高い時でした。短時間ちょこっと魚のいるところを見ただけで、なんだか流され、一瞬ひやっとして岸に戻るのがやっとでした。途中、ああ泳げるつもりでもこうして遭難していくのねと思ったのです。岸に戻ったころは息もやや切れておりました。ツアーで海に到着した時は「あれ?同じ場所だ。」と苦笑いしましたが、やっぱりプロはさすがです!まず装備がいけませんでしたね。スーツだけで浮くんですね。干潮時はいきなり魚がいるエリアだし、足付くとこも多いし。そして魚のいるポイントをご存じなので、いろいろ見れて楽しめました。自分たちで潜っていたらニモには絶対気付かなかったでしょう。息子にずっと付いていてくれて私も旦那も海を満喫できました。家族みんな楽しいっていうのがすごいことです。いままでどちらかが交代で息子を見ながら、片方が楽しむということが当たり前だったので。お値段は3人でたしか11000円くらい。水中カメラレンタルを入れて13000円でした。ツアーでなくても同じビーチに行くことはできてそれなりに楽しめるけど、ちゃんと教えてくれる人につくともっと楽しめる。ヨガとも似ているなと思いました。ヨガの本やビデオをみながら形をまねればそれなりに気持ち良いです。でもちゃんと指導者に教わればもっとヨガの奥深さがわかりますし、間違ったものをやってりまう心配もなくなりますし、もっとよくできる 方法が見つかります。もちろんそれを続けていくと、そのうち自分でも出来るようになるのですが、最初のうちはノウハウを教わる方が断然近道です。改めて、お金を払う価値のあるものを提供する。プロってこういうことだよなと思いました。最初高いかなと思って支払った料金も終わった時には高いとは思わずむしろ安いと思いました。道は違えど同じプロとしていろいろと勉強させて頂きました。
息子はアクティブじゃないんですよ。ビビリちゃんなんです。いろんなことに挑戦するのを楽しむタイプではなく、かなり慎重なタイプ。だからこんなに喜んでやれたのが信じられないくらいです。まず、魚の話で、このお魚先生はすごいぞって心をつかんだんでしょうね。素敵な人柄がまたよいんです。またぜひ行きたいツアーです。
 
 子連れでなくても楽しいと思います→ オリオンエコツアー http://www.orionza.jp/
 
 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone