201305.31

好きなレッスン

Post by yoga beyond

私が、ヨガのティーチャートレーニングを始めた頃から、ずっとお世話になっている大好きなインストラクターが三人います。私のヨガの師といえば、日本でイシュタヨガを広めたマック久美子先生です。本当に尊敬する先生です。そしてあとお二人が、be yogaにてシニアインストラクターをしている千春先生と純子先生です。もちろん、他の先生も素晴らしいのですが、トレーニングを受けたころから講義をこのお二人に教えて頂いて、初心の頃から偉大な目標の先生なので、私にとっては特別です。何がどう素晴らしいか自分の日本語力が足りず、説明出来ないところが悲しいのですが、言葉の力をつけるためのトレーニングのブログなので頑張って説明してみようと思います。

まずは今日、レッスンを受けさせて頂いた千春先生。なんと、今日、始めて他の方がいらっしゃらずプライベートレッスンでした。なんて贅沢な!!ヽ(´o`;申し訳なさすぎて微力ながら宣伝になるかもしれないと改めてこれをかいているわけです。
千春さんの特に素敵なところは、身体の奥の細かい部分まで意識が行ってすごーく身体が動くんですよ。何年もヨガやってても、まだ新しい発見がレッスンの度にあって感激します。千春さんは解剖学に精通していて、エアロビクスインストラクター出身でフィットネス界は超ベテランです。ピラティスもされていて、身体のスペシャリストです。あぁ、こんなところにこんな筋肉があったのね。という気付きもしばしば。そして解剖学に詳しいだけでなく言葉での誘導がまた素晴らしいんです。例えとか身体の動かし方の指示の表現がうまいんです。イントラなりたての頃はそれを一言一句覚えたいと思ってガツガツしてましたが、結局人の言葉を丸覚えしても人には伝わらないと気付きました。私は千春さんのレッスンでは無心を心がけています。言われるまま、操り人形のように身体を委ねます。たぶん、言い間違えた指示が出てもその通りやると思います(笑)。そうすると、本当に身体が信じられないくらい内側から動くんです。あぁ、この筋肉使えば確かに安定するねって。こんなにダンスやヨガやってきたけど、まだこんなに伸びる余地があったのかとか、身体の使い方でこうやればもっと大きい動きになるのかとか。 身体が細部までコントロール出来ると、瞑想の時もそのままリモコンで操作されるかのように千春さんの言葉に誘導されて深いところに連れていかれます(笑)だから瞑想も気持ちいいんですよ。
最初の200時間のトレーニング中には、10年後には大好きな3人の先生みたいにこういう素敵な先生になるぞ!って思ってましたが、もうすぐ8年目・・いやぁ、あと2年じゃ無理でしょう。先生達も勉強されてますから永遠に追いつこうと努力せねばなりません。勉強すればするほど、先生たちの素敵さがわかります。真似したいけど真似には限界があって、やはり自分の良さを伸ばしていかないといけないなぁと最近は思っています。
素敵な先生に出会えて幸せですから、私も来て頂いている方にそう思ってもらえるよう頑張らねばと思っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone