201303.04

ヨガ本

Post by yoga beyond

楽しみにしていた本が届きました!
アイアンガーヨガ創始者でヨガイントラのバイブル的な本「ハタヨガの真髄」「呼吸の辞典」の著者、アイアンガー先生のマインドの本です。
訳も日本のアイアンガーヨガの第一人者の柳生直子先生です。待望の日本語訳だとか。ハタヨガの真髄よりも日本語が格段に読みやすそうですね。
でも読みたい本がかなり溜まっています。

。つい、読みきれてないのに買ってしまう。そして最近は買って満足してしまいがち^^;子供が寝てから読もうと思いながら一緒に寝てしまって読めていない。それにしてもAmazonって商売上手〜。私の欲しいものを知っててうまくオススメしてくるんだもん。お金払った感覚なく買い物しちゃいます。あ、いやAmazonのせいにしてはいけない^^;私の物欲が悪いのです。

アパリグラハ(不貪)ですね。むさぼらないことです。本によっては日本語訳は(非所有)となっていたりします。物欲にとらわれていると心のコントロールは出来ないよっていう教えです。たいてい、物を手にいれたら、そこで満足出来ずに、次に他のものが欲しくなるという、、、。

でもこのアイアンガー先生の本は間違いなく生涯使えそうな良い本です。買って満足とならないようにじっくり読みたいです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone
201303.02

サティア(正直)

Post by yoga beyond

今日は季節の変わり目のためか、体調不良でレッスンお休みの連絡がいくつか。
そんななか、「体調が優れないのでお休みします。」のあと、15分後に「申し訳ありません。実はお寝坊してしまったのです。ウソついてすみません。」のメールが!
こんなことは初めてでした。
メールを見て笑いましたがなんだか心が暖かくなりました。
あぁ、サティア(正直)だなぁと。

サティアは「正直でいましょう」というヨガの教え。
うそはついちゃいけないのなんて常識だ、と思うと思いますが、やはり難しいのでわざわざヤマ(すべきこと)として教えがあります。
ここで面白いと思うのは、道徳的にウソがいけないからではなく、ウソをつくことで、後ろめたくかんじたり、バレるんじゃないかと不安になってしまう。自分の心の平安のためにウソはやめましょうと教えているのです。
心の平安とコントロールがヨガの目的ですからね。ウソはその邪魔になります。
ちなみにサティアはあたりまえのようで大ウソはつかないにしても、気づかないうちにサティアにひっかかるものもありますよね。
後ろめたくすらかんじない大人の小ウソ。気をつけて純粋な心でいたいものです。

今朝の方はヨガの哲学にも興味があるとおっしゃとてて座学イベントにもいらして下さった方。
きっとそれも頭の中に覚えてくれてたんじゃないかなぁと思ってそれが嬉しいです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone