201612.05

表面的な評価でなく大切な基礎を積み上げる:英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)

Post by Shinobu.T
こんにちは。
 
英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)
担当のSHINOBUです。
 
暦は12月
2016年最後の1か月。
 
今年はみなさまにとって
どんな年でしたか?
 
さてさて
すっかり遅くなってしまい
すみません。
 
11月最終回の
英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)のようすを
まだお伝えしていませんでしたね。
 
theme:Gratitude/partner work
季節のポーズ:感謝したい自然のポーズ
 
まとめの最終回。
 
すくない人数でのはじまりだったので
いつもはできないことを
とりいれてみました(^^)
 
e0001
 
Discussionも
少人数ならではの
ゆとりと濃度がありますね。
 
e0002
 
ふたりとも
お疲れ気味だったので
ゆっくりとポーズをとりながら
合間合間にマッサージを。
 
こういうのも
少人数のときだけの
おたのしみ♡
 
e0003
 
実はこのふたり
クラスのなかでも英語優位の子と
英語超初心者の子。
 
今までは
それほど絡み合うことがなかったのですが
この回で
すっかり仲良しに。
 
こどもたちにとって
ことば自体は壁ではないのですね。
 
きっと。
 
片脚のみの
手押し車。
 
e0004
 
こういうのも
少人数ならでは。
 
さて
ポツポツ人数が増えてきましたので
風船を使った呼吸のプラクティス。
 
e0005
 
いい流れができたので
そのまま太陽礼拝。
 
合間合間には
こどもたちの思いついたポーズを
どんどん挟んでいきます。
 
e0006
 
季節のポーズでは
テーマのパートナーワークも。
 
e0007
 
自然な流れで
たくさんのポーズを創造できました。
 
これが
中学年・高学年になると
「しーん」
としちゃうんだよな。
 
おたのしみタイムには
助け合いの経験ができる
鬼ごっこを。
 
e0009
 
思いっきり発散して
心地よく疲れたところで
Visualizationをします。
 
マットにゆったり横たわり
鼻から深く息を吸って
吐いて…
 
心臓がドキドキしているかな?
 
呼吸は?
 
そんなふうに
自分の身体や鼓動
呼吸に意識を向けていくうちに
いろいろな気づきが
こどもたちを
内側へ
内側へ…
 
今回はGratitudeに関連したお話を
用意していきました。
 
描きだしの時間は
みんな黙々と
それぞれのイメージを
描きだしていました。
 
e0008
 
10月のcommunicationをふまえて
11月のpartner work
12月はteamworkをテーマにしていきます。
 
日本の人間関係や家族関係は
崩壊してしまったといわれています。
 
コミュニケーションや
相手と協力すること
団体でなにかをすることが
苦手なこどもたちも
おおいです。
 
けれど
人と人のかかわり合うところでしか
人は人間になれません。
 
こうしてクラスをみていると
みんな普通に
人間なんだけれどなぁ…
 
この力
みんなは既に
素晴らしい力を持っているのだということに
気がついて
失わないでほしいな。
 
「できた」
「できない」
などの
表面的な評価ではない
重要な
必要な
基礎の部分を積み上げる
英語のキッズヨガクラス。
 
英語がはじめてでも
ヨガがはじめてでも
ご安心ください。
 
すこしでも興味がある
やってみたい
というお子様なら
どなたでも大歓迎です(^^)
 
園児クラス
火15:00-15:50
 
小学生クラス
火16:00-16:50
 
講師2人体制で
ゆとりをもって
受講できる英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)
クラス詳細はこちらへ