201702.09

こどもたち同士の学び合いがはじまるとき:英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)

Post by Shinobu.T
こんにちは。
 
月3回火曜日
英語のキッズヨガ(English Kids Yoga)を
担当している寺崎しのぶです。
 
さすが
雪の予報まででただけあって
今日はさむいですね。
 
午後にはきっと冷たい雨。
 
足元などお気をつけくださいね。
 
 
それでは2月初回の英語のキッズヨガ
クラスのようすをお伝えしますね。
 
 
theme:LOVE
季節のポーズ:冬眠する/しない動物
 
 
足でなにをしているんだろう?
 
これは
足指を使ったプラクティス。
 
浮指(浮足)の予防・対策にもなるんです。
 
theme:LOVEの
ディスカッションの一部。
 
今回は
こうしたガラスの石を
感情や気持ちに見立てて
お話ししました。
 
割れてしまったガラスの石。
 
 
こどもたちも
興味津々に見ていますね。
 
気持ちはガラスの石みたいなもの
乱暴に扱うとこんなふうに割れてしまって
自分も
自分のまわりにいる人も傷つけちゃう。
 
気持ちは吐きだしていい
でも
吐きだすときはやさしくね。
 
気持ちのガラスが割れないように。
 
そんなお話を含めた
ディスカッションと足指のプラクティスをしたあと
「大好き」
の気持ちを送り合う呼吸をはじめたら…
 
 
恥ずかしいのか
隠れてしまった子も(^^)
 
そうしたらお友だち
マットの隙間まで行って
「大好き」の気持ちを
ふーって送ってくれました。
 
ありがとう。
 
このあと
小学生さんは太陽礼拝。
 
 
いつも
いろいろなバリエーションをたのしむのですが
今回は
いかにゆっくりマインドフルにできるかに挑戦。
 
これがなんとも気持ちよくて。
 
「やりたくない」
という子がいたのですが
いざはじめてみると
あっというまにマインドフルな状態にはまって
ゆったりと太陽礼拝をたのしんでいる様子が(^^)
 
これはほんとうにいいです。
 
大人にもおすすめ。
 
1人ずつ交代で
オブザーバーにもなってもらいました。
 
みることにも
たいせつな学びがあります。
 
季節のポーズは
16枚のフラッシュカードを
みんなで協力して
「冬眠する動物」「冬眠しない動物」にわけてもらいます。
 
 
クラスのなかで
こういうことを繰り返していくと
その分野に強い子
というのが必ずいて
その子を中心に
こどもたち同士での学び合いがはじまります。
 
発達の気になるこどもたち
発達に偏りのある子どもたちって
「○○博士」と呼ばれるくらい
なにかに詳しかったりしますよね。
 
そうすると
こんなときには
みんなから頼りにされたりして(^^)
 
おたがいに
とてもうれしそうな顔で
学び合いがはじまるのです。
 
このあとは
ポーズの定着と発散のため
冬眠する/しない動物のポーズを使って
だるまさんが転んだ。
 
 
“Animals hibernate!”
 
という掛け声にしたら
止まりながらちゃんと眠っている子も(笑)
 
園児さんクラスには
体験の子がいらしてくださったので
もうすこしシンプルな宝探しに。
 
 
クマの呼吸で冬眠している間に隠した宝物
冬眠から目覚めたら探します。
 
(厳密にいうと
クマは冬眠ではなく冬ごもりなのですが
今回は冬眠ということばをつかっています)
 
宝探しで発散したあとは月礼拝。
 
そして絵本の時間。
 
 
“The Happy Day”
邦題は『はなをクンクン』
というタイトル通り
呼吸を促しながら読み進めることができ
中身も
落ち着きのある白黒の世界なので
絵本を読みながら
ゆっくり落ち着きたいときに
よく読みます。
 
そのままの空気を保ったまま
シャバーサナへ。
 
 
体験にきてくれた子
みんなより先にささっとシャバーサナを済ませ
お母さんも疲れているよねと
お母さまをシャバーサナさせて
トントンしてくれました(^^)
 
 
春に向かう季節
来週はもうすこし
発散・興奮のアクティビティもとりいれて
シャバーサナや瞑想を深く
ゆったりととれるようにしていきたいなと考えています。
 
 
英語のキッズヨガクラス
気になっているという方は
こちらをどうぞ。
 
園児クラス
火15:00-15:50
 
小学生クラス
火16:00-16:50
25296617963_718e1a9e72_k
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone