201304.28

ママヨガ勉強会

Post by yoga beyond

インストラクター仲間とマタニティヨガとベビーヨガの勉強会でした。五人でいろいろと疑問点を話し合ったり、情報をシェアしたり。これがティーチャートレーニング以上にとっても勉強になります。なにしろ、ベビーヨガや子連れクラスは予想外なことがいっぱい!普通の大人クラスははみんな私の話を聞いてくれて応えてくれて、キャッチボールが成り立つけれど、子連れクラスは投げるばかりな感覚ということも。そして、やはり経験がクラスの自信につながりますが、大人クラスはもう7年やってきましたが、子連れはまだまだ経験が足りませんね。もっと研究の余地があります。子供を産む前にもちょっとだけヨガスタジオで子連れヨガを担当させてもらってたことがありましたが、そのときはものすごくエネルギーを使って、へとへとでした。今は子供もいて扱いも分かるから、大変だけれど楽しいです。予測不可能な分、いい反応だと嬉しいんでしょうね。今はクラスの出来映えが、そのまま赤ちゃんたちの機嫌に委ねられているところがありまして、なんとかその赤ちゃんの機嫌すらコントロール出来るようなクラス作りをしていきたいです。勉強会でもやっぱり歌がいいとみんなでシェアしました。最近取り入れている遊び歌を取り入れたベビーヨガは確かに反応がいいです。ちょっと歌が苦手なんですが、そんなこといってられない。音痴ですが頑張ります。そういえば、息子と通っていた親子スイミングも、先生によってクラスがまったく違うんですが、童謡を歌いながらスイミングという先生がいらっしゃいました。息子は6カ月から始めて、二カ月泣き続けて(辞めようと思ったけど4人育てた母に子供はすぐ慣れるし、ちょっと嫌なことも頑張れば出来るようになるって教えられると言われ、辞めなかった)ましたが、その童謡を歌うクラスは泣かなかったなと思い出しました。でも1歳以下にはいいみたいですが、大きくなってくるとその先生の曜日の方は物足りなくなってきたと違うクラスに替えていたのも思い出しました。やっぱりヨガでなくてもすべて勉強になりますね。うちの教室もこの四月からベビーとキッズを分けたのは良い決断だったと思います。ねんねの赤ちゃんと歩く子が一緒だと危ないというところから分けましたが、おかげで子どもパートがその対象の子向けに出来ますから。

勉強会にいくので、ベビーヨガの練習用にぬいぐるみをカバンにいれていたら、かばんからはみ出たぬいぐるみを見て、「ママどこにいくの?」「何するの?」の質問攻めでした。ママだけ遊びにいくと思ったらしく、幼稚園いかないと大号泣でした。勉強だって。確かに勉強はわくわく楽しい場だけれどね。