201304.28

鼻かみとカパラバティ

Post by yoga beyond

息子が鼻をほじります。鼻かみを教えてティッシュを使うように言ってはいましたが、結局鼻をほじります。まぁ、うまくまだ鼻をかめないから仕方ないと思って黙認していることもありましたが、幼稚園にお迎えにいったらママ行列(一人ずつ先生とお話するので並んでいる)の間中、ずっと息子は鼻をほじっていました(>_<)さすがにカッコ悪すぎて、本気を出して鼻かみを教えました。よく考えたら、鼻かみって片鼻呼吸とカパラバティ(お腹をベコベコポンプのように使いながら鼻から勢いよく空気のかたまりを吹き出すような呼吸)の要素じゃないですか!そこで、片方鼻の穴を抑えて、「鼻の下にハエがいると思ってそれを追い払うつもりで鼻から息をフンッて吐いてみて」といったら、出来ました!鼻から吐いてだけではなかなか出来なかったのがすんなりと。なんでハエって言ったかは、誰かに、インドでそう教えてたって聞いたことがあったからです。(クラスではハエは言ったことないですよ^_^;)

鼻かみ出来たー!って喜んだのママだけで、息子は「ハエどこにいるの?」「まだついてるの?」「もういない?」とまさかの反応で不安げでいまにも泣きそうヽ(´o`;あっ、たとえだよ、ごめんね。やっぱりカパラバティの動作の表現に「ハエを追い払う」は日本じゃだめですね^_^;