201304.11

それぞれの個性

Post by yoga beyond

とうとう幼稚園に入園!

73名3クラスですって。多いなぁ。入園式を見て思ったのは、それぞれ個性があるなぁということ。物怖じせず堂々と歌う子もいれば、ママと離れて大泣きする子もいる、なにもしゃべれずに固まる子もいれば、先生達の人形劇に大声でつっこみを入れる子もいる。陸人みたいに小さい子もいれば、大きい子もいる。写真はママと手を話して電車ごっこをしながら子供だけでホールに入るところ。前から二番目の不安げな小さいのが一月生まれのうちの子です。斜め後ろの大きい子は六月生まれだそう。頭ひとつ以上違いますけど?!同級生だなんて驚きです。

ヨガの世界(インドの思想)では人の個性や宿命は精子と卵子が結合したときに決まると考えられています。それぞれが生まれながらにして授かったそれぞれの個性。それぞれの個性を大切にしながらも幼稚園で、まわりとうまくやっていく協調性を身につけて欲しいです。楽しみでもあるし、さみしくもあります。でも息子は自分の所有物ではなく、一時預かっているだけなのです。自分の元を離れるのが当たり前なのだと言い聞かせる。なんかのヨガの哲学の本に書いてあったこと。簡単なようで私には難しい。自分が産んだら、自分のもののような気がしてしまう。陸人もママも試練だね。