201609.16

中秋の名月・お月見ヨガ

Post by Nagisa

今日は毎年恒例のお月見ヨガ!

雨や曇りの際はスタジオでキャンドルナイトヨガという予定でした。

先週から天気予報では、ずっと雨や曇りの予報・・・。

朝方はドシャ振りの雨・・。

日中もどんよりした曇り・・・。

あぁ、今日はお月様見れないかも・・・。

と、思いながらも屋外会場へ集まりました。

 

が、お月様バッチリ見えて、寒すぎず暑すぎず、ヨガには最適な気候!

心地よい夜風を受けながら、虫の音を聞きながら、夜空のお月様のエネルギーを感じながら広い空間でヨガが出来ました。

ヨガを始める前は暑い雲がかかり、うっすらとしかお月さまは見えませんでした。

ヨガをしている最中はまったくみえず曇ってました。

心のモヤがよがをしながら晴れてくるように、後半になるにつれて少しづつ雲がうすれて、

呼吸法と瞑想をしてスッキリするころに、お月様の雲も晴れてスッキリ姿が現れたんですよ!

 

輝きはいつもそこにあるはずなのに、雲がかかって見えない。

その雲をとりのぞくのが、ヨガであり、瞑想です。

自分の心の内側にいつのまにか雲が増えて自分らしい輝きを見えなくしてしまうことがあります。

どんなに雲がふえても、自分の輝きはかわりません。

ときに雲が増えたらそれを取り除きます。

それが自分を見つめ、自分と向き合い、まっさらな自分に戻すこと、

それが「ヨガ」の時間です。

 

今日は、「調和」をテーマにしました。

広い空間、大地が感じられる屋外では、スタジオよりも空(宇宙)も大地(地球も)も感じられるくらい、空間が広がっています。

その広い空間の中ではとても自分は小さな存在。

周りと自分を区別していたものがなくなり、自分が周りと調和していきます。

まるで世界がひとつかのように感じられます。

自分と周りとの違いばかりに目がいっていたことに比べると、自分の内側に意識が向きます。

それが心を落ち着かせ、幸福感をもたらしてくれます。

スタジオでのヨガもそのように感じられたらいいのですが、私は自然の中の屋外のヨガで感じやすいなと思っています。

 

お月見ヨガ、都会にるからこそ、たまにはこうして外で「無」になる時間もいいですよね。

人目が気になる都会だからこそ、みんなで集まって集中するの、いいですよ!

 

こちらはクラス後!

きれいなお月様!

image
 
すすきをセッティング中。
image
ヨガのあとのお月見
image
 
今年も、阿佐ヶ谷、鉢の木さんのおいしいお団子で。
image
ランタンを持ってきてくれた会員さんのおかげで、雰囲気バッチリ!
image
お酒も飲んだりして。
image
近所にお住いの会員さんはお子さんも一緒にお団子を。
image
みんなでお月様といっしょに!
image
 
image