201308.04

継続は力なり・石の上にも三年

Post by yoga beyond

息子の水泳がここ2ヶ月で急速に上達しました。親バカな私の目にはトビウオちゃんかイルカちゃんのようにみえます!旦那には溺れているようにみえるそうですが。

継続は力なりという言葉がありますが本当にそうだなと思います。石の上にも三年とも言いますね。息子が水泳を習い始めてちょうど三年です。6ヶ月のときに、親子水泳を始めました。当時、杉並区の子育て応援券が年間6万円分ポンと無償でもらえていました。(現在は一部負担の有償制になり金額も下がっています)それを使わなきゃということと、産後親子で楽しめる運動がしたかったこと、私も子供の頃から水泳を習っていたので、迷わず親子水泳に。おむつのとれていない赤ちゃんと入れるプールは意外になく、出来るようになる6ヶ月にすぐ始めました。ところが!体験ではギャン泣き。でもまぁ、慣れるだろうと入会するも、二ヶ月泣き続けました。行く度に、辞めようかと思いましたが、四人の子供を育てた母が、「子どもなんてすぐ慣れてすぐ楽しそうにやるわよ。」と、言うので続けました。数回で慣れるかと思ったらあまりに泣くので、最初はこんなもんかなと思いましたが、後から入会してくる赤ちゃんがどうも泣いてないし、比べて焦ることも。クラスは30分で、短いのに電車で3駅のスポーツクラブまで行き帰りの準備に時間がかかるし疲れる。入会金や、指定水着代がもったいないけど、夏も終わる頃、もうほんとに辞めようと思ったら、出来ることがちょっとづつ増えていったのです。まずは、お座りさせてプールにチャポン。たったそれだけのことでも自分から飛び込む風な素ぶりを見せたら大感激でした。嬉しくって辞めるのは来月にするかと。夏も終わるし、冬前にやめようか。そうしていると今度はお水に潜れるようになったり、一人で浮けるようになったり(腕の浮き輪はついてます)、泣かないどころか笑うようになったりすることで、冬でも辞めれなくならました。でも慣れた頃でもたまに、機嫌の悪い日があって泣く日もたまに。母に辞めようかと思うと何度かまた話しました。「多少困難なことがあっても頑張って続ければ出来るようになる。ってことが教えられるし、すぐ慣れるわよ。」と言うので、辞めずに続けました。もともとすごく慎重なタイプなので、なんでも人より出来るようになるのが遅いんです。ちょっとずつ出来るようになってきて親子水泳を卒業して1人のクラスになったとき、プールに飛び込むのがなかなか出来ずにまわりの子が、ダイナミックに先生に向かってダイブする中、なかなか入らない。やっと入ったかと思えば着物の女性が畳のへりをまたぐかのようなおしとやかさというか情けなさヽ(´o`;一応潜れるくせに、お風呂でもジャバっと顔にかけると泣くのが続いてました。幼稚園に入る四月に、忙しいので休会しました。その間に先生もかわり、クラスも進級し、五月にいくと、なんか先生にしがみついて潜らない。帽子にワッペンがついて級がわかるようになっていて、水に潜れますよという級だったのですが、なんと、先生に「赤ちゃんクラスから(進級時にテストを受けずに)そのままワッペン使ってますか?」と聞かれてしまいました。最初意味がわからなかったのですが、水を怖がる様子から、ワッペン偽物疑惑が向けられていたのですヽ(´o`;さすがに三年続けてきて情けないわと思っていたら、ある時を境にコツを掴んで飛びウオちゃんに変身したのです。きっかけはゴーグルをばあちゃんにプレゼントされたこと。お風呂で、ゴーグルつけてもぐるとよく見えるよと言って最初は嫌がりましたがやってみたら顔をつけることが怖くないと分かったみたいです。面白いことに、大人が脇を持ってスーッと水をくぐらすように潜らせるのと、自ら潜るのは大分違うみたいです。前者は赤ちゃんのころからやってましたが、自分からは出来なかったんです。お風呂で潜った時に、何度か鼻から吸ってしまい、ゲホゲホしましたが、それでさらに水中でどうすればよいかコツをつかんだようです。それから急にお風呂プールで楽しく潜るようになりました。幼稚園のプールにも石垣島にも間に合いました。飛び魚ちゃんまでの道のりはほぼ3年でした。続けてよかったと思っています。

そんなことがあったので、私は特に赤ちゃんとママのお稽古はぜひ続けてもらいたいなぁと強く思っています。体験にいらして泣いてしまうなどうまく出来なくてそれっきりってもったいないなぁと。ヨガでなくてもいいんです。赤ちゃんのお稽古はママがやりたいものでなんでもいいと思います。三歳すぎたらね、本人の意向を聞けばいいけれども。ママがやりたい気持ちがあるなら、少しくらい泣く時があっても慣れてくるし、出来るようになることも増える、友達も出来るし、なにより定期的に一緒に出かけるってそれだけでもいいじゃないですか。続けてこそ身につきますよね。形に見えるまでは時間がかかるけれども。親子ヨガを選んでくれる方にも続けてよかったとおっしゃって頂けるよう頑張らねば。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone