201307.13

後悔

Post by yoga beyond

骨折していた祖母が、骨折箇所以外にも寝ていて腰を痛めたのかあるけなくなり、内科的な体調も悪く、先週から入院しています。入院前はトイレまで歩くのもなんとか家族2人で支えて行っていましたが、それも出来なくなり、このまま寝たきりになってしまったらどうしようかととっても不安でした。おむつをかえるにも腰が痛むようで姿勢をかえるのが難しく、こないだまでやっていたこどものおむつがえとは全然違うものですね。私たちでは腰や骨折部分を悪化させそうでとりあえず病院に入れたので、入院してプロの方にまかせられるのは安心です。嫌な顔ひとつせずそうしたお世話までして頂くスタッフの方には頭が下がります。本当にありがたい。下痢による脱水症で意識が朦朧としていたようで、お見舞いにいったら元気で安心しました。

それまでは後悔ばかりでした。そもそも祖母が転んだのも、私が手作り梅ジュースの濃さどれくらいだっけー?と遠くから話しかけてこちらに来てくれようとして、転んだのです。しかも。私が出しっ放しにした浮き輪に脚を引っ掛けて(>_<)後悔しても仕方のないことだけど、やはり、あの時私が声かけなかったら、物をちゃんと片付けていたら、と思わずにはいられません。ずっと意識が過去にいってしまいます。そして、このまま寝たきりになったらどうしようという将来の不安。ヨガスートラの言う、「意識を今に置くことがヨガである」という根本的定義はなんてわかりやすいんだろうと改めて感じます。心が後悔(過去のこと)や不安(未来)に揺れ動いて安定しない状態です。他にも後悔することが重なり、ピッタ(火のエネルギー)の体質なのでそれに暑さもあり、久しぶりに体調を崩しました。私は体調崩しても食欲はまったく落ちないのですが、今回はまったく食べれなくなりました。

時には同じことを繰り返さないためにも、後悔や反省も大事だけれど、今に意識を向けていかないと前にすすめませんね。今に意識を向けることは、今出来ることを少しづつやることでしょうね。リハビリ頑張ってもらいたいです。