201501.15

智子さんの声

Post by webmaster

参加クラス:ベーシック初中級

50才を過ぎてからのヨガとの出会い。

『4年余り前、私は左肩関節周囲炎(五十肩)を患って身も心も辛い日々を過ごしていました。治療もなかなか進まず、悪化していくばかり。 ある日、病院をかえて根気よくマッサージに通い、指導を受けたリハビリの体操を続け、半年後にやっと回復をみました。運動をして筋肉をつけておくことは人間にとってとても大切なことだとその時しみじみ感じた私は妹に勧められてヨガに出会いました。 生まれつき眼の悪かった私は運動が苦手でした。このままでは身体がだめになってしまう!!と焦りながら、医師の許可を心待ちにしてヨガ教室を探し始めました。フィットネスクラブではなく”先生“との出会いをたいせつにしつつ・・・。

そんなある日、妹が偶然見つけてくれたのが今の教室です。医師からのお許しも得て、晴れてヨガ教室へ通い始めたのは3年前です。ヨガの知識もなく、年齢も50才を過ぎており、まして病みあがり・・・。まずは体験させて頂き、皆さんのご迷惑にならないよう・・・と考えましたが、とても丁寧にゆっくり、わかりやすく教えて頂きました。 ヨガを運動のひとつととらえていた私でしたがちょっと違うことに気づかされたことがありました。初めは余裕がなく、皆さんのようにポーズがとれなくてハラハラしたり、焦ったり、家でも行っても忘れてしまって悲しくなったこともありました。< 「ヨガはポーズを決めることが大事ではなく、呼吸を合わせて動くこと。自分の心の状態を見つめていくことが大切ですよ。」と伺い、それまでの硬くなっていた自分の心の中がとても楽になりました。

ヨガが目指していることは何でしょう。 人間は年齢と共に機能が低下していきます。病気になったりもします。色々なことが起こって心がへこみます。いつもよい状態でいることはとても難しいのです。自分らしい生き方を続けていくためには健康な心と身体でなければなりません。 ヨガの本来の目標は人の心の平和ではないでしょうか。先生の心穏やかな姿にいつもすがすがしさを感じ、続けて教えて頂きたいと思うのです。

仕事の都合上、毎週の参加が難しいのですが、心落ち着かせる尊い時間を大切にしていきたいと思っています。多くのストレスを抱えながらもヨガを通して心も身体も健康で生涯自分らしい人生を実現していきたいと願っています。そう思わせて頂けたヨガと先生、そしてお仲間の皆さんに心から感謝しています。 』

voice8