201303.30

ドラえもんとヨガ1

Post by yoga beyond

先日、ドラえもんミュージアムに行ってきました。ドラえもんが子供の頃から大好き!30年も好きなものなんてドラえもんくらいじゃないかしら?マニアという部類におります。

でも最近はヨガ的目線&親目線で見てしまうと気になることだらけ。
まず、ジャイアンにはアヒンサー(非暴力)を、スネ夫にはサティア(正直)を、のび太にはアビヤサ(修習)というヨガの教えを教えてあげたいです。
のび太は親目線では特にひどいですね。自分の努力せずにドラえもんや道具に頼る。基本、出来ないのに出来るように見せたいとか、持ってないのに持ってるって言っちゃうとか、見栄を張りたい虚栄心の強さや、ジャイアンにやられたものをやり返そうという復讐のためにストーリーが進みます。それが人間らしいんですけどね。
夢いっぱい秘密道具すら、フエルミラー(物がコピー出来る)は、版権はどうかとか、いろんな会社が物が売れなくて困るんじゃないかとか、本来売れるべき権利を奪ってしまって、アスティヤ(物を盗らない)になるんじゃないか?とか考えてしまいます。
このあたりの教えはいずれまた別の日に。

大人になってしまったな。
これだけ読むと、ドラえもん批判みたい!決してそうではありません^^;私は熱狂的ファンですよ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone