201303.27

こどもの「レッスン」

Post by yoga beyond

ヨガでなくても「レッスン」というものはすべて勉強になります。ジャンルが違うからこそ、新しい発見もあります。

どんな「クラス」を作るか。やはり、気配り、段取り、心のこもった対応かどうか。ささいな言葉がけで子供たちの動きや態度が変わります。子供だからこそ、その違いが出るのか。人気の先生にはやはり理由があります。どういうところがよくて、どこがよくないのか、自分ならどうするか、いろいろ考えながら凝視して見ています。だからママ友は出来ませんが^^;

昔、高田馬場のスポーツクラブのアドバイザーの方に、ヨガのトレーニングをガツガツ受けている私に、何でもいいから初めてのことをやってみたら?と言われました。エアロでもプールでもと。その時はそんなに気に留めなかったのですが、いまさらすごく分かります。

先生の自己紹介の仕方、生徒への声かけ、まったく初心者にとって、わかりにくいところはどこなのか。体験なら、受付の対応すら勉強になります。初めての場所は緊張するなぁと思うからこそ、私はレッスンに来た初めての方には必ず話しかけます。終わった後も声をかけます。「レッスン」はテクニックを教わるだけではなく、心が通ったものでないと良いレッスンとは言えないと思うからです。

体操、水泳、英語とやってきたお稽古は親子で楽しみながら、ママも何かと得るものがあり、とても充実したものでした。(みっつもやるつもりなかったんですが結果的に^^;子育て応援券のおかげです)

アラ探ししちゃうから、もっとこうして欲しい!と不満を持ちがちだったけど。でもジャンルは違えど、その「もっとこうして欲しい!」をなんとか自分のクラスに活かしたいです。

写真はその教室の様子です。写真撮影もありがたいイベントですよね。子連れママヨガで写真撮影イベントはこれもヒントでした。

最初は大泣きだったのに成長したなぁ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone